ニッケルメッキ/黒ニッケルメッキ/スズメッキ/金メッキ/小ロット対応/RoHS指令(ローズ規制)対応・鉛フリー|神奈川県横浜市のグロリア

株式会社 グロリア

営業品目

・ニッケルメッキ
・黒ニッケルメッキ
・光沢スズメッキ(銅メッキ下地)
・光沢スズメッキ(ニッケルメッキ下地、鉛フリー対応)
・無光沢スズメッキ(銅メッキ下地)
・無光沢スズメッキ(ニッケルメッキ下地、鉛フリー対応)
・金メッキ
・銀メッキ
・ステンレス用ニッケルメッキ

 

HOME»  品質方針

品質方針

「顧客満足」を得る製品を作ることを最重要方針とし、この方針を達成するために、社員全員で努力を続ける。

 

2018年 全社 品質目標

ISO9001認証取得  

                  
      
Reliability !
          
     

工程をより確実性を高め、信頼性の高い製品を!

 

 

2018年 各部署 品質目標

業務部
   

  ・管理ミスによる工程異常・クレーム0件とする。
  ・納期遅れのクレームを0件とする。

品質管理課
  ・
昨年のリベンジとして、品質予防処置実施を2件とする。

製造部
  ・工程異常は昨年度18件の33%減 12件を目標とする。
  ・クレームは昨年度25件の40%減 15件を目標とする。
  ・サイクルタイムを、銅・6:25、ニッケル・11:00、スズ・13:00を目標とする。
  ・工程別管理指示書通りの作業が行われているか、他者が確認することで信頼度を向上させ、管理ミスを防ぐ。

 

 

2017年 個人目標

業務部長 中江清隆
 ・製品別梱包手順書を充実させる。目標30件。
 ・生産指示書の精度を上げ納期遅れのクレームを0件にする。

製造部長・営業技術課長 鴨志田晃一
 ・品質管理課と製造部との情報共有を強化する事で製品品質を向上させ、クレーム・工程異常の削減を目指す。
 ・昨年多く発生した前処理による不具合を削減する為に、前処理工程や製品別作業標準の見直しを実施する。

製造課長 渡辺 将史
 ・銀メッキの工程異常4件以内、クレーム0件を目指す。
 ・製造部員の個々のスキルアップを目指すため、教育訓練を強化する。

製造部主任 井原将人
 ・黒ニッケルでの工程異常を0件、クレーム0件を目指す。
 ・新規品、または条件変更等による作業標準書改訂時、メッキ厚データをもとに最適な条件を提案する。
  特にメッ キ時間を見直し、メッキ厚過剰をなくし、作業効率の向上を図る。
 ・改訂時の提案年間20件を目標とする。

製造課 奈須 晃一
 ・工程異常を0件にする。とくに工程異常で(自分のミスをなくす)
 
製造課 安藤 哲史
 ・工程異常、クレームの件数を0件にする。
 ・1日の銅のバレル数が平均85以上になるように目指す。

業務部 貝谷 友教
 ・事故0件
 ・納品・引き取りの積み忘れ0件

品質管理課 三福 靖史
 ・類似注意製品の検査標準書を10件作成する。
 
製造課 金子 将士
 ・午前11時30分までに平均40バレルをCuメッキに持っていく。
 ・本槽内での異種混入によるクレームを1件以内とする。

製造課 佐賀 篤
 ・残存による異物混入を0件にする。
 ・スズメッキ3級取得を目指す。
 

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問 お気軽にご相談ください